epilogue


碧い海に月の光が満ちた時、金色の波はうたを歌う
かぎりなく優しく波は夜を静かに満たしている
昼間の風景は月明かりに柔らかな闇となり生も死も隔てなく立ち現れ
金色の光のベールは そこに眠る遠い記憶を蘇らせる
途絶えぬ音、波の音、金色の波の音
月と海が繋がる時、真珠は生まれる




A pearl, it loses its life to give birth to beauty…

真珠、その命を落とし、その美を生む
– Concept –

gentle life with a touch of sorrow

真珠、生命が表現する美
『痛切な生命の優しさ』

”ながい歴史の間、地面にへばりついた植物のように、自然そのままに生きてきた。台風に吹きさらわれ、破れ、自然に朽ち、風化し、しかし新しい芽がその下からしっとりと生え育ってくる。そして同じ運命を繰り返したどって行くのだ。それは淡々と凝滞ない。堅牢だとか、永らえることが価値だなんて、考えもしない。この世界では物として残ることが永遠でない。その日その日、その時その時を平気で、そのまま生きている。風にたえ、飢えにたえ、滅びるときは滅びるままに。生きつぎ生きながらえる、その生命の流れのようなものが永劫なのだ。柔軟できめの細かい肌あい。素朴で、もろく、儚いようだが、強靭なのだ。そして、はるかに明朗であり、屈託のない伸びやかさだ。
沖縄文化論 岡本太郎

”生命の流れのようなものの永劫、悠久に流れる生命の持続”これは私たちが根元にもつ美意識であり、ACOYA PEARLの存在はこれを体現してるかのようです。真珠という存在、つまり”命を落とし、その美を生む”これはダイヤモンドや鉱物が永遠不動の、ある意味西洋的な美を象徴している存在に対し、真珠は真反対の儚い、しかし悠久に流れ続いていく生命の美だと思います。その命は、海の中で偶然に生まれ、そして消えて行く美しい破片でもあるのです。だからこそ、太古の昔から私たちはとても大事な命の証としてそこに美を見出してきたのだと思います。また海に囲まれている私たちの環境から、海は、見えない楽園、その先に何かあるという希望の象徴であり、母なる海は人間へいつも恵を運んでくれました。その中に真珠もあったに違いないのです。私たちはこの海から生まれ、その遠い記憶もどこか私たちの中に存在するのかもしれません。

物質の永遠に固執することなく、打ち寄せ引いていく波のように命は繰り返す、それこそが永遠だということを知っていたに違いありません。この忘れられた記憶を取り戻し真珠の新しい物語を生み出したいと考えています。




A pearl, reviving lost memories and stories

真珠、失われた記憶と物語

日本人が古代からもつ”たま”の意味と、真珠の”珠”。古代からの思想が 真”珠”には込められている



霊魂とは何か?

霊魂、魂、タマシイは目に見えない霊格であって生命の源泉と考えられていたものである。殊にも古代においてはこういう考え方が有力であって、タマそのものが生き生きと実感されていたらしい。『時代別国語大辞典』の解説によると、タマは古代日本人を支配した超自然的な霊格であってそれらのうちチが最も古く、タマがこれに次ぎ、カミがもっとも新しいとある。つまり真珠の”珠”にはタマシイに通じるものがある。   カミの人類学 岩田慶治 P201



万葉集に現れた古代信仰

特殊な性格を持った人が、特殊な場合に出会ふ事のできる経験から来るものなのです。つまり宗教的特質を持っている人は我々には認めることのできぬ神霊のあり場所をつきとめる能力を持つており、又、霊魂のありどころを始終探してもいます。日本人は霊魂を”たま”といいタマシイはその作用をいうのです。そして又、その霊魂の入るべきものをも、”たま”というふ同じ言葉で表していたのです。

尊いたま(霊)が身に入らなければ、その人は、力強い機能を発揮することはできないと信じていました。だから威力ある霊魂が其身に内在することが、宗教的な自覚を持った人々には、重要な条件であり、さうした人々が、霊魂のありかをつきとめてゆく考えが、玉に到達するのです。

日本の信仰では、霊魂が人間の体に入る前に、中宿として色々な物質に寓ると考えられます。其の代表は石。又玉だと思っているものの中には、獣の牙だったり、角だったりするものもあります。これを一つの紐に通しておくのが古語でいう みすまるのたまです。だから考古学の方で、玉の歴史を調べる前に、どうしても霊魂の貯蔵所としての玉といふことを考えてみなければ訣らぬ物が、装身具の玉になった後にもあるのです。古代には、単なる装飾とは考えていず、霊的な力を自由に発動させる場合があつたに違いないのです。併しそれは、非常に神秘的な機会だから文字に記される事が少なかつたのです。 古事記・日本紀や万葉集には、玉が触れ合う音に対する、古人の微妙な感覚が示されています。我々ならなんでもない音だけれど、昔の人は玉を通して霊魂の所在を考えているし、たまの発動する場合の深い聯想(連想)がありますから、その音を非常に美しく神秘なものに感じているのです。それを「瓊音ヌナトもゆらに」という風に表現しています。みすまるの玉が音をたてて触れ合う時、中から霊魂が出て来ると信じていたのです。結局、たまの究極の収容場所は、それに適当する人間の肉体なのです。其所へ収まる迄に、一時、貯えて置くところして玉を考え、又誘いだす為の神秘な行事が行われました。手につけた鞆(トモ)なども、狩猟のための霊のありかで、トモという音が、たまとの関係を示しているようです。日本には、中国古代の装身具としての玉を讚める文学的な表現に同感して、喜悦の情を陳べる様になった前に、玉をたたえる詞章 ー つまり玉が含んでいる霊魂をたたえる詞章 ー が多く現れていたのです。

*《「ぬ」は玉、「な」は「の」の意》玉の触れあう音。みすまるの玉が音を立てて






「倭の国(日本)の特産物として注目された真珠(パール)」日本の真珠について最初に述べたのが、「魏志倭人伝」日本は古代からの真珠の産地で有名その真珠を5千個卑弥呼の後継者、壱与という女王が中国に献上している。つまり真珠あるところに邪馬台国は存在した。

あこや貝の産地は世界的に見てもそう多くなかった。暖かい海の海底、素潜りのできる海人が存在するところ。海女の存在も重要







神話や巫女やなど、太古の昔から神聖なものと一緒に存在する真珠

・万葉集に現れる真珠、白玉(しらたま)

『新室を踏み鎮む児し 手玉を鳴らすも 玉のごと 照たる君を 内にと申せ』 柿本人麻呂

新室の地を 踏み鎮める娘が 手玉を鳴らしている その玉のように 照り輝くお方よ 奥へどうぞと申し上げよ

この歌の内容は当時の巫女とされる「児」たちが手飾りの手玉(ただま)を鳴らしながら踏歌舞(とうかまい)の一種を捧げる様子が描かれている。
奈良時代、巫女は真珠を身につけており、万葉集に現れる白玉(しらたま)、つまり真珠は27首ある。


・古事記に現れる、白玉(しらたま)

『赤玉は 緒さえ光れど 白玉の 君が装し 貴くありけり』  豊玉比売

赤い宝玉って、緒に通せば、その緒まで光るみたいですよね。それは綺麗なものですけど、立派に着飾った貴男を喩えるなら白い玉、真珠のようです。そんな貴男のおすがたは、なんと神々しかったことでしょう。

海神の娘。玉依姫の姉。山幸彦と結婚し、鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)を生む。出産の際、夫に産屋を覗くことを固く禁じたが、山幸彦がひそかに窺うと、「八尋鰐(やひろわに)」になってくねくねと這いまわっていた。本身を見られたことを恥じた比売は、海坂を塞いで海神の国に帰ってしまった、という。鹿児島県知覧町の豊玉姫神社ほか各地に祀られている。






folklor and histories of pearl connected with Omura bay

大村湾にまつわる真珠の物語



「肥前国風土記」は、732年から740年の間に編纂された長崎県と佐賀県の一部の風土記。
これによれば、彼杵郡は、「具足王国(そないだまのくに)」と呼ばれそれが訛り、「彼杵郡」と呼ばれるようになる。景行天皇は家臣を派遣して、土蜘蛛族を捕らえさせ、かれらから「木蓮子玉(いたびだま)」、「白玉」、「美しき玉」を奪い・・・という話がここに書いてある。
つまり、 大村湾は、日本で一、二を争う美しい真珠の大産地であり、その名声は8世紀にすでに鳴り響いていた。1300年の歴史ある大村湾の真珠。




彼杵に伝わるお話、〟天女の琴の音〟の舞台、大音琴(おおねごと)、小音琴(こねごと)。美しい真珠の存在を感じさせるお話






1500ー1900年ごろの大村湾付近の真珠についてのあれこれ


  • 天正遣欧少年使節
    1512年大村純忠がローマ法王グレゴリウス13世に真珠を献じた。これも大村湾の真珠であったと言ってもおかしくない。
  • 太宰管内志
    九州各の歴史をまとめた地誌、伊藤常足による『太宰管内志』1804–1818年 阿古也貝の・・・珠は極品なり。品質は大村のものが最上品とされていた。
  • シーボルト
    Philipp Franz Balthasar von Siebold 1796−1866
    驚くことに、シーボルトも大村で真珠を食べている。
    その時の模様を「江戸参府紀行」に次のように記している。「藩侯の真珠採取場の一監視人はデザートに新鮮な貝の皿を出してわれわれをびっくりさせた。われわれはそれを生で食べたり焼いて食べたりしたが、 おいしいことがわかった。
    ビュルガー君は、 食べた時キビ粒大の真珠をかんで痛い目にあったが、真珠を得たのは仕合わせだった。」
  • 長与俊逹
    近代医学の祖 、大村の長与俊逹(1832ー1903)が 真珠丸を製薬。古くから解熱剤として使われてきた真珠にオランダ渡りの洋薬を加味して処方。



明治40年(1907年)世界に真円真珠の養殖技術を発明したのは見瀬辰平と西川藤吉、
その場所は大村湾であった

御木本幸吉の真珠を助けたのは、長崎。先駆けて、丸い真珠を生み出したのは長崎、大村湾であった。大正3年(1914)小型ではあったが渡辺理一氏による長島真珠養殖場は商品価値を持つ球形遊離真珠を初めて市場に出す。これが市場最初の養殖真珠の出荷となった。その後、御木本幸吉が大正7年(1918)に大村湾入漁、三重母貝による真珠養殖を始める。このように日本の真珠養殖業の発展に力を尽くした顔ぶれが全て大村湾にて名を連ねるのは、ここ大村湾の母貝の豊富さ、天然真珠の時代から品質の良さで名声が上がっていたことによる。

[写真左]西川藤吉 +渡辺理一氏による長島真珠養殖場
[写真右]見瀬辰平 +横山寅一郎による大村湾真珠養殖所




ACOYA PEARL, Revolution toward a future

あこや真珠、未来への革命

日本のあこや真珠は 1900年の歴史があり太古の昔から深く人の心と繋がり、美しい神秘の存在であった。真珠という存在、つまり ”命を落とし、その美を生む“・・・ これはダイヤモンドや鉱物が永遠不動の、ある意味西洋的な美を象徴している存在に対し、真珠は真反対の儚い、しかし悠久に流れ続いていく生命の美である。 

” 生命の流れのようなものの永劫、悠久に流れる生命の持続 ” これは私たちが根元にもつ美意識であり、ACOYA PEARL の存在そのものである。この命は、海の中で偶然に生まれ、そして消えて行く美しい破片でもある。

海と森、自然との関係性を問い、 優れたクリエーターとともに アート、デザインの力で様々な分野へユニークなアプローチを行い、真珠の新たな価値、第二のマーケットを作りあげる。忘れ去られたあこや真珠の秘めた物語を 琴の海と表現された長崎、大村湾や周辺の海の美しさとともに復活させる。自然環境を守り、自然、人、経済の美しい循環を目指す。ACOYA PEARL Nagasaki... 自然+歴史・伝統+文化+経済が美しく循環する 100 年先の真珠を考える。




ACOYA PEARLの3つのライン






Episod 1 - PEARL for Body

・・・その女性は真珠をつけていた。彼女を取り巻く全てを愛し祈り、その祈りは人が森羅万象の一つであることを知らせる

・命 ・母なる海・太古の記憶・音と歌・産み出す象徴・海女の存在・・・"全ての初まり"の章

...The woman, she wears pearl. She loves all things that exist in around her, prays for them.Her prayer will notice that human is a one of the universe, nature




Episod 2 - Pearl for interrior ornament

・・・真珠、それは海の破片。海の記憶と奇跡である。

嵐の後に海から打ち上げられ偶然に拾ったプレシャスなもの。それは人の知らない深い海に漂い、時折流れ着く

...Pearl, it's a fragment of the sea. they are memories and miracles that was born from the sea.




Episod 3 - Pearl for Sweets

・・・思い出は味わうことができ、時に涙がこぼれたり、とても幸せな気分になったり。
戻りつつ、しかし留まることはできない

菓子は心にとっての喜びで、5感を使って味わう行為は、忘れていた記憶を呼び覚ます。真珠の海の記憶を呼び覚ますもの

...memory can taste, it makes me cry, makes me happy... it's bittersweet.